• 帆立貝を包み込んだ金目鯛の小手毬
  • 国産牛フィレのパイ包み焼き
  • 駿河湾で水揚げされた海の幸のグラタン
  • テリーヌショコラとバニラアイスクリームのデセール

SCROLL
Cuisine to Inspire 心ときめくフレンチ

水は山から川へ流れ、そして海へ。伊豆・熱海には、様々な食材が手に入る豊かな土壌があります。相模湾に出た漁師たちが捕る新鮮な魚貝を中心に、伊豆半島の農家が育てた野菜、そして香り高いフルーツたち。自然が生み出した、そして人の手が育てた逞しい食材を、食べる人へとつなげる使命を支える料理人の想像力。皿の上で鮮やかに輝く、心ときめくフレンチをお召し上がりください。

Chef

オーナーシェフ 斎藤 厚男
スキー好きが高じてフランス語圏の国に憧れたことからフランス料理の道へ。皇室や世界の国賓をもてなした「帝国ホテル」での経験をもとに、日本の欧州料理としてのフレンチの発信、オーベルジュと温泉宿の融合など新しい滞在の形を提案し続けている。
1958年 千葉県に生まれる。「帝国ホテル」に19年間勤務し、当時の総料理長の右腕として活躍。自身の理想とするサービスの実現に向け、1997年に「フォンテーヌ・ブロー山中湖」を開業。2006年には箱根仙石原に「フォンテーヌ・ブロー仙石亭」、2016年には伊豆熱海に「フォンテーヌ・ブロー熱海」を開業。

日本オーベルジュ協会理事

統括料理長 池田 雅行
オーナーシェフ「斎藤厚男」にとって、帝国ホテル時代の上司であり大先輩。優しく実直な風貌に見えて、料理に対する情熱は年をとるごとに増すばかり。「確かな基本が味を決める」を信念に、日々新しい味を研究しながら後進スタッフの指導にもあたる。
1950年 東京都に生まれる。「帝国ホテル」40年のキャリアの中で「帝国ホテル 東京」に30年勤務、沖縄「JALプライベートリゾート オクマ」へ技術指導のために2年間出向。「帝国ホテル 大阪」に二代目総料理長として8年勤務した後に定年退職。北海道のオーベルジュで5年半料理長を務めた後、株式会社フォンテーヌ・ブローに入社。

日本エスコフィエ協会 会員(元理事)
フランス料理アカデミー日本支部 会員
日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会 会員
トック・ブランシュ国際倶楽部 会員

統括支配人 廣瀬 雄大
製造業から縁あってサービス業の世界へ。接客、集客、雇用、指導など多岐にわたる業務の中でも、料理を通じて五感を満たす感動を体験する。多くを経験するからこそ、見えること、出来ることを体現する若手スタッフの頼れるリーダー。生来の人間好き。
1989年 静岡県に生まれる。釣りやバンド活動に明け暮れた学生時代を過ごした後、製造業を経てホテルへ転職。想いを実現できる理念に惹かれて2014年にフォンテーヌ・ブローに入社。一心不乱に仕事に打ち込みながら、わずか数年で「箱根」と「熱海」両方をマネージメントする統括支配人となる。

Mariage

一口食べるとワインが欲しくなり、ワインを飲めば料理を口に運びたくなる。
両者がもたらす魔法は、フレンチを楽しむ大きな醍醐味。
料理人とソムリエが心からお勧めしたい、特別なマリアージュをぜひ試してみてください。

Dining
日が沈み海が青い闇と静けさに包まれる時、灯りの灯るメインダイニングでは華やかにディナーが始まります。夜は鏡のように室内を映す壁一面のガラス窓からは、一夜明ければ爽やかな朝の光が差し込みます。

Good Morning

新鮮なフルーツにサラダ、香ばしく焼いたベーコンに熱々のオムレツ、そして焼きたてのパン。海鳥が舞い、穏やかな凪に重なる町の眺めととともに、オーベルジュならではの朝食で1日を始めてください。